中期経営計画の最終年度にトップに就いた。国内コンシューマプリンタ市場の成長鈍化に、電子デバイス事業の不振。決して経営環境は良好ではない。だが、エプソンの独自技術に絶対の自信をもち、成長を疑っていない。次の中計に注目が集まる。エプソンの独創性の象徴「マイクロピエゾヘッド技術」の生みの親は、個人・法人市場を問わずインクジェットでマーケットを切り拓く決意を固めている。