シマンテック日本法人は、徐々に成長しているとはいえグローバルの成長率には追いついていない。今年4月、トップに就いた加賀山進社長は、その原因を「豊富な製品群を抱えているにもかかわらず、パートナーが売りにくい仕組みになっているからだ」と分析する。「新商材の売り先、新しいマーケットはメーカー自らが開拓すべき」と、顧客に直接提案する仕組みの構築、社員の意識改革に動き出した。