開発・統合ツールで年々業容を拡大するマジックソフトウェア・ジャパンは、リッチクライアントとクライアント・サーバー(C/S)環境を一つのツールで開発できる「Magic uniPaaS(ユニパース)」で、システム開発に一石を投じようとしている。業界初のツールで、クラウド・SaaS時代に備えるユーザー企業やSIerなどへの浸透を狙う。今年8月に就任した佐藤敏雄社長は、「一気にパートナーを獲得したい」と、同ツールなどでパートナー体制を強固にしていく考えだ。