KeyPerson

長期的な関係つくる施策を展開

カスペルスキーラブスジャパン 社長 川合 林太郎

取材・文/鍋島蓉子 撮影/大星直輝

2010/03/18 19:37

川合 林太郎

週刊BCN 2010年03月15日vol.1325掲載

 ロシアのセキュリティベンダー「Kaspersky Lab」の日本法人、カスペルスキーラブスジャパンは、2005年に国内で本格的にビジネスをスタートさせた。エンジンのOEM供給で大手ISPに採用されるなどの実績をあげ、07年には法人製品を本格展開すると同時にパートナープログラムを立ち上げた。現在はパートナーとの長期的な関係を構築するための施策を打つことにより、日本で安心して製品を売ることができる体制づくりに力を注いでいる。日本法人の川合林太郎社長に、ビジネス立ち上げの経緯や現在の施策、今後の方向性について聞いた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

<カスペルスキーラブスジャパン特集>パートナープログラム刷新で本格展開 独自ビジネスモデルで市場の地位築く

Kaspersky Labs Japan、Web誘導型マルウェア「Pegel」への対策を発表

カスペルスキーラブ セキュリティの第一人者 脅威の最新動向を語る