野村総合研究所(NRI)は、4月1日付で8年ぶりのトップ交代を行った。新社長に就任した嶋本正氏は、2015年までに連結売上高ベースで平均年7%成長の収益基盤づくりを本格化させる。取締役会長に就いた藤沼彰久・前社長は、これまでNRIの売り上げを大きく伸ばし、トップSIerとしての地位をより盤石なものにした。しかし、金融業顧客への過度な依存といった課題の解決は道半ば。嶋本・新社長はNRIが抱える構造的な弱点を解消しつつ、再び成長軌道に戻す強い意欲を示す。