KeyPerson

“断然トップのSIer”を目指す

SCSK 社長 中井戸信英

取材・文/安藤章司 撮影/大星直輝

2012/02/02 19:37

週刊BCN 2012年01月30日vol.1417掲載

 新生SCSKが本格的に立ち上がり始めた。目指すはトップSIerとなって世界の日系ユーザー企業をITの側面から支えていくことだ。旧住商情報システムと旧CSKが合併して発足した同社は、NTTデータに次ぐトップグループへと躍進した。クラウドサービスの基盤となるデータセンター(DC)設備も大幅に拡大。国内外でビジネスを展開する日系ユーザー企業のIT投資を一手に担うことでビジネスを伸ばす。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【2012年 年頭所感】 SCSK

住商情報システムとCSKが経営統合、「SCSK」が10月1日付で誕生

SIer二番手グループ 再編の気運が高まる 「3000億円クラブ」解散か