KeyPerson

日本発のソリューションを海外で売りたい

富士通システムズ・イースト 社長 石川 享

取材・文/木村剛士 撮影/大星直輝

2012/09/20 19:37

石川 享

週刊BCN 2012年09月17日vol.1448掲載

 富士通グループで最も多くのSEを抱える富士通システムズ・イースト。東日本地域のSE会社4社が統合して今年4月1日に誕生した新会社だ。富士通グループのなかで、東日本エリアのソフト開発事業を統括するのが役目だが、新社長の石川享氏の視線は海外市場に向いている。「4社の強みを融合した日本発のソリューションを海外で売りたい」。その言葉の裏には、「今やらなければ、5年後に会社と社員が苦労する」という危機感がある。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

富士通 ソフト開発の新会社を設立 10社の子会社を2社に集約

富士通システムズ・イーストが発足、代表取締役社長に石川享氏が就任

富士通と日立 進む子会社再編、「分散から集中」へ

<ITベンダーの企業系列マップ> 富士通 535社の子会社でグループを形成

外部リンク

富士通システムズ・イースト=http://jp.fujitsu.com/group/feast/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>