富士通システムズ・イースト(石川享社長)は、4月2日、同社の役員人事を発表した。

 富士通システムズ・イーストは、富士通グループのSE会社4社――富士通システムソリューションズ、富士通北海道システムズ、富士通東北システムズ、富士通長野システムエンジニアリングが統合し、4月1日に発足した新会社。代表取締役社長/執行役員社長には石川享氏が就任した。

 また、取締役/執行役員常務には、土井雄一郎氏(主に共通業務・北海道支社担当)、平松敏朗氏(主に産業・長野支社担当、兼産業ソリューション本部長)、八田信氏(主に公共・東北支社担当)、佐藤光夫氏(主にコーポレート担当、兼ビジネスマネジメント本部長)、竹沢秀夫氏(主に流通担当、ICT担当)が就任。また、取締役/CFOには渡邊基氏が就任した。

 なお、存続会社となる富士通システムソリューションズ前取締役会長の松原信氏は退任し、富士通常任顧問に就任する。