近年、オフショア開発の発注先として日系IT企業の注目を集めているベトナム。そのなかでもFPTソフトウェアは、同国最大手のソフトウェアアウトソーシング会社である。日本企業向けに特化したビジネスモデルを構築したことによって、1999年の設立からわずか十数年で従業員数が5000人を超えるまでに成長した。グエン・タン・ラム社長に、日本市場での戦略についてインタビューした。