日系ITベンダーのオフショア開発の発注先は、これまでの主力だった中国に加えて、近年では人件費の安いインドや東南アジア諸国にも向かっている。その筆頭が、ベトナムだ。人件費の安さに加えて、地理的なアクセスのよさや、国民の勤勉な気質などが日本人に近いことから、オフショア開発のニューフロンティアとして最も注目されている。とはいえ、グローバルの各国でオフショア開発を手がける大手ITベンダーと、海外に多くの開発拠点をもたないSMB(中堅・中小企業)ベンダーでは、その主たる使い方が異なるようだ。その活用法の実際を取材した。(取材・文/真鍋武)