東芝ソリューションは、東芝グループとの結集力を生かして、クラウドを中心とするサービスビジネスへの転換を推進していく。東芝の電力や社会インフラ、設備、ヘルスケアなどの事業部門が必要とするクラウド基盤を担うとともに、ここで得たノウハウを東芝ソリューションの既存顧客が抱える課題の解決に役立てる。こうすることでSIerとしての東芝ソリューションの競争力を強化する考えだ。同社はこれまで、ややもすればクラウドの分野で同業SIerのリードを許す局面もあったが、東芝グループの結集力をテコに巻き返しを図る。東芝社内カンパニーのクラウド&ソリューション社社長と兼務するかたちで、今年6月、東芝ソリューションのトップに就任した錦織弘信社長に事業戦略をたずねた。