KeyPerson

ハードウェアがあってこそのポートフォリオ

富士通 代表取締役社長 山本正已

取材・文/本多和幸 撮影/取材/木村剛士(本紙編集長)  文/本多和幸

2015/01/15 19:37

山本 正已

週刊BCN 2015年01月12日vol.1562掲載

 2014年度から16年度までの3年間を対象とする新中期経営計画をスタートした2014年。14年度上半期は前期比増収増益で、滑り出しは好調だ。IBMがx86サーバー事業を売却し、NECはスマートフォンから撤退、PC事業もレノボと統合するなど、ハードウェアを巡る総合ICTベンダーの戦略は、高収益事業へシフトする傾向が顕著だ。しかし、富士通はハードビジネスの不安定な要素を丸抱えしながらも、成長への道筋を整えつつある。16年度には、2500億円という過去最高の営業利益を目指すと、意欲的な目標を掲げた山本正已社長。他の総合ICTベンダーとは一線を画す戦略で、2015年はさらなる飛躍を期す。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

外部リンク

富士通=http://jp.fujitsu.com/