富士通ビー・エス・シーは、富士通の100%子会社とは一線を画す独自の取り組みがとくに目立つベンダーだ。主力事業のシステムインテグレーション(SI)こそ、富士通案件が7割を占めるが、組み込みソフト分野でも強みを発揮し、長年安定した業績を保っている。しかし、小島基社長は、この「安定」に満足していない。殻を破り、さらなる成長を遂げるための戦略をいよいよ実行に移そうとしている。