落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

KeyPerson

人は人工知能でさらに成長する

FRONTEO 代表取締役社長

守本正宏

取材・文/畔上文昭 撮影/大星直輝

2017/04/11 09:00

守本正宏

週刊BCN 2017年04月03日vol.1672掲載

 電子データの分析結果などを証拠として活用するコンピュータフォレンジックの市場を開拓してきたFRONTEO。不正調査や国際訴訟支援など、リーガル分野を主な事業領域としてきている。同社がサービスを強化するにあたって開発したのが、「KIBIT(キビット)」という人工知能(AI)だ。KIBITの能力はリーガル分野を超え、広範囲に適用できると注目を集めており、今後の主力事業の一つとして育てるべく注力している。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

外部リンク

FRONTEO=http://www.fronteo.com/