ニュータニックス・ジャパンは、サーバーやストレージを統合したハイパーコンバージドインフラでビジネスを急速に伸ばしている。クラウドなみのすぐれた拡張性をもち、コンパクトなアプライアンス(専用機器)にまとめることで維持運用費の大幅な低減を可能にしている。いずれも、従来型のオンプレミス(客先設置)型システムでは困難だった。IT業界歴37年、インテルやデルの要職を歴任してきた町田栄作社長は、「新しい時代のダウンサイジングであり、Re:プラットフォームである」と、ITインフラの変革を巻き起こしていく考えだ。