富士通は、デジタルビジネスに大きく舵を切り、事業、組織の再編をドラスティックに進めている。富士通グループの保守サービス会社として設立され、トータルサービスベンダーへの転身を進めてきた富士通エフサスは、その変革のなかでどんな役割を担うことになるのか。今年4月に就任した濱場正明代表取締役社長は、「エフサスが果たすべき役割はこれからもっと大きくなる」と確信している。