国内主要ITディストリビューターであるシネックス日本法人が、社名を「シネックスインフォテック」から「シネックスジャパン」に変更した。日本市場で50年以上歩んできたIT商社としての歴史と、シネックスグループがもつグローバルノウハウの融合をさらに加速するという。社名変更と同時に新社長に就任したのは、マイクロソフトやデルで法人向け事業を担当してきた國持重隆氏。デジタルトランスフォーメーション(DX)時代におけるディストリビューターの役割を聞いた。