BoxやF5ネットワークスの日本法人でパートナービジネスに携わってきた嘉規邦伸氏が今年6月、アクロニス・ジャパンの新代表に就任した。中小企業向けバックアップソフトで知られてきたが、従来ライセンス販売に置いていた事業の軸足を、データ保護プラットフォームの提供へ移そうとしている。嘉規代表は、「ITベンダーが差別化をはかるための“黒子”」になるのが、国内における同社の戦略だと説明する。