組み込みソフトや制御に強みを持つYE DIGITALは、工場デジタライゼーションの分野でAIや画像処理、エッジコンピューティングなどの独自商材の開発に力を入れている。安川電機をルーツに持つ同社は、FAや産業ロボットの技術も動員し、製造業ユーザーのデジタル変革を推進する戦略を展開。就労人口が減少していく中で生産性を維持するには、最新のデジタル技術を駆使した自動化が欠かせない。今年3月に安川情報システムからYE DIGITALに社名を変えたのも、デジタルを成長の原動力にすることをより明確にするためだ。独自商材のグローバル展開も視野に入れる遠藤直人社長に話を聞いた。