日本IBMデジタルサービスは、日本IBMのSE子会社3社が合併して7月1日付で発足した。旧3社は、製造業や金融業といった業種ノウハウが豊富で、ハードウェアやネットワーク基盤系技術、運用サービスなどソフトウェア開発以外の領域も幅広く手掛けてきた。これらのスキルを統合することで、ユーザー企業のデジタル変革ニーズに一気通貫で応えられるようにするのが合併の狙いだ。新会社のトップに就いた井上裕美社長は、「ユーザー企業のデジタル変革推進のパートナーとして、真っ先に選ばれる存在になる」と決意する。