日立ソフトウェアエンジニアリング(小川健夫執行役社長)は、地図を利用した農業情報管理システム「GeoMation/Farm」を販売開始した。

 これまで培ってきた地図関連技術を活用し、地図を利用して畑・水田・牧草地などの圃場(ほじょう)や、土壌情報、農家情報を簡単な操作で視覚的に管理できる新たな農業情報管理システムとして開発した。

 同システムを利用することで、農業協同組合などでは、①圃場情報の参照や集計、②圃場の検索、③耕作者単位の作付面積の集計、④作付作物ごとの面積計算──などの圃場情報を容易に管理できるようになる。また、地図上で土壌情報を色分け表示したり、過去の作付履歴を参照できるため、効率よく営農計画を推進することができる。主に農業協同組合、農業共済組合などの農業関連団体を中心に、約10億円の受注を目指す。