IT教育ベンダーのグローバルナレッジネットワーク(尾藤伸一社長)はこのほど、企業の生産性を上げるために必要な人材の最適配置や教育などをマネジメントする統合ナレッジ・チェーン・ソリューション「GSTEP(ジーステップ)」の提供を開始した。

 ジーステップのツール群を活用することで、製品の販売立ち上げ段階の人的配置のマネジメント、セキュリティ関連のリテラシー向上や監査方法の定着、ヘルプデスクのコール件数削減など、企業に応じた経営課題を迅速に解決できるという。

 同社では、社内にタスクフォースを新設して、本格的に同ソリューションの拡販を開始。12月までに10億円の売り上げを目指す。

 ジーステップは、企業の競争力を高めるために「人」のマネジメントに着眼したソリューション。製品の販売立ち上げを迅速に行うための人的配置、セキュリティ関連のリテラシーや監査の浸透の迅速化、コールセンターのヘルプデスク業務を効率化する方法などを、同社の独自コンテンツやジーステップのツール群などITを使い、企業別に要求分析して、設計、開発、評価などに至るシステムを構築できる。

 例えば、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)が新製品の発売を控え、ヘルプデスクへのコール件数増が予想される場合、コールセンター業務担当者に対して、従来は対面型教育やマニュアルを提供していた。だが、ジーステップのツール群を使い、画面に順番にタッチしながら製品操作を案内できるシステムや、ウェブ上にユーザー向け操作教育画面などを構築することで、コール件数を削減できるという。

 久保田謙司・eソリューション部部長は、「ジーステップのツール群を使うことで、企業内の人の能力に関するアセスメントをマネジメントするシステムを簡単に設計できる」としており、ITベンダーやネットワークベンダーを中心に製造業などへも直販する。

 同ソリューションの価格は、参考例としてヘルプデスク業務支援が300万円から、ASP(アプリケーションの期間貸し)サービスやコンテンツ開発など知識浸透支援が1000万円から、同販売力強化が2000万円からとなっている。