中堅・中小企業(SMB)の経営コンサルティングやIT導入支援を手がけているタカハシパートナーズコンサルティング(TPC、高橋剛代表取締役)は、システムインテグレータ(SI)などに向けて、従来の人材開発システムを一歩進め、従業員の人間性の本質を評価するツールを使ったサービスに乗り出す。神奈川県相模原市に本社を置くソフト開発会社のヴィコム(佐々木佳美社長)が開発しているツールを使う。早ければ来年初めにもサービスを開始する意向だ。

 SMBの経営課題の1つが人材開発。特に中堅以下のクラスに入るSIなどでは、営業力強化の一環としてシステムエンジニア(SE)を営業の現場に出すことを検討する企業が多いが、実際には適性の問題などが障害になるケースも見受けられる。こうしたことを解決するため、TPCではITパーソン専用ヒューマンスキル診断システム「ITPMa-4000」による、適性評価などのサービスを行ってきた。今回、そうしたヒューマンスキル診断を一歩進めて、人間性の本質まで評価し、プロジェクトマネージャーとしての適性評価など、より高度な人材育成を支援していくことにした。

「SEの場合、開発業務だけでなく顧客先での常駐という勤務形態もある。単に情報システムを運用するだけではなく、顧客先にいることで営業戦力としても活用したいと考える企業は多い」(橋代表取締役)ことから、その場合にSEであっても営業適性があるかといった評価を求めるニーズが高まっているという。

 これに加え、責任感ややる気といった個人の人間性に関わる部分の評価を求めるケースも少なくないという。スキルだけでなく人間性の評価を加味して総合的に判断することで、個々の人材育成や適正配置が可能になるわけだ。

 来年初めにもサービスインを目指す人間性の評価ツールについては、ヴィコムが開発を担当し、TPCがサービス提供する。さらに両社での共同事業化なども視野に入れているという。