ジャストシステム(浮川和宣社長)は、このほど米サンフランシスコで開催された「オラクルオープンワールド」に初出展し、企業向け統合XMLアプリケーション開発・実行環境「xfy(エクスファイ)エンタープライズソリューションズ」を展示した。

 エクスファイエンタープライズソリューションズは、XML文書の作成、編集環境、アプリケーション実行環境、アプリケーション開発基盤環境を提供するソリューション。昨年11月に米ワシントンDCで開催された「XMLカンファレンス&エクスポジション2004」で「エクスファイテクノロジー」を発表し、今年6月には米サンフランシスコで開催された「2005 JavaOneカンファレンス」で、「エクスファイテクノロジー」に基づいた「エクスファイベーシックエディション1.0」などを発表した。

 今回「オラクルオープンワールド」で展示した「エクスファイエンタープライズソリューションズ」は、「エクスファイベーシックエディション1.0」などを含むソリューション製品。

 ソフトウェア基盤技術であるエクスファイは、開発者でなくてもXMLドキュメントの新規作成や編集、閲覧などの操作が容易にできるようにした。XMLを利用した企業内外のデータ統合の裾野を広げるとともに、XML普及を目指している。ジャストシステムは、今年9月10日に米国市場でエクスファイを本格展開するため、米カリフォルニア州パロアルトに「xfyアメリカオフィス」を開設し、業務を開始している。