トリップワイヤ・ジャパン(北原真之社長)は、データの改ざん検知・復旧ソフトを、コンプライアンス(法令遵守)やシステムの運用ガイドラインである「ITIL」(IT・インフラストラクチャ・ライブラリ)を実現するためのツールとして訴求し、販売強化を図る。

 主力製品「Tripwire for Servers」は、システムが安全な状態のデータを登録しておき、ネットワークやサーバーのデータが改ざんされた場合に、変更を検知して正常な状態に戻すのが主な機能。

 これまでは、セキュリティ対策ソフトとして販売してきたが、ITILによる運用ニーズの高まりや内部統制の強化に対応して、同社のツールがITILやコンプライアンス強化に役立つことをアピールしていく。

 ITILに則した運用方法の第一ステップには、システムに改ざんがあった場合の警報装置の設置が必須項目となっている。同社製品では、システムに改ざんがあった場合にシステム管理者にアラートを出す機能が搭載されており、「警報装置の設置分野で最適なツールになる」という。ITIL関連のシステム提案に強いITベンダーとの新規代理店契約も視野に入れている。