情報技術開発(竹田征郎社長)は、3月に発売した「@Faceサーバ版」に入退室管理機能を追加したオプション版として顔認証製品「@Face for Gate(アットフェース・フォー・ゲート)」を発売した。市販のウェブカメラを利用した顔認証でビルやオフィス、工場、公共施設などの入退室を管理でき、簡単な登録と設置で、容易に管理・監視業務を構築できる。

 同製品は本人確認に重点を置き、階数が違う複数の出入口に導入することなどを目的に開発された。ソリューション開発事業部ソリューションマーケティング部の情家淳彦氏は「もともと顔認証単独でのシステムは考えていない」と、IDカードや暗証番号などと組み合わせてセキュリティシステムを構築することを想定している。

 中島満・ソリューション開発事業部ソリューションマーケティング部部長は「セキュリティ意識の高い企業や、階ごとに入退室者を制限するなどきめ細かく設定して管理することを望む企業などにニーズがあるのではないか」と、幅広い利用を見込んでいる。