ソフォス(アラン・ブロデリック社長)は8月2日、7月のWebベース、メールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」「メールウイルストップ10」を発表した。

 07年7月のWebウイルス1位はMal/Iframe。以下、Mal/ObfJS(17.3%)、Troj/Psyme(10.4%)、Troj/Decdec(3.5%)、Troj/Fujif(1.9%)、Mal/Zlob(1.1%)、VBS/Edibara(0.9%)、Mal/Packer(0.8%)、Mal/Behav(0.4%)、VBS/Redlof(0.4%)の順だった。

 Mal/Iframeは、同社が検知したWebウイルスの半数以上を占めているが、比率は6月の64.0%から56.0%に下がっており、かわってMal/ObfJSが5月の1.8%から7月は17.3%まで増加した。

 同社では、Mal/Iframe、Mal/ObfJSが猛威を振るっている原因として、サイバー犯罪者がダウンロードを促す手口と、Webサイト中の不適切なJavascriptを挙げている。加えて、十分なセキュリティ対策を講じずに運用しているWebサイトが多いことも、機密情報を狙うハッカーの動きを活発にしている指摘している。

 マルウェアに感染したWebサイトをホスティングしている国別のランキングでは、49.8%で中国が引き続きトップ。以下、アメリカ(21.8%)、ロシア(14.7%)、ウクライナ(3.2%)、ドイツ(1.2%)、ブラジル(1.0%)、イギリス(0.8%)、台湾(0.8%)、カナダ(0.6%)、ポーランド(0.6%)、その他(5.5%)となり、Mal/Iframe、Mal/ObfJSの大規模感染が発生したロシアが6月の3.5%から14.7%と大きく比率を上げた。

 また、07年7月にソフォスが報告を受けたメールウイルスのトップ10は、「W32/Netsky」(27.2%)、W32/Mytob(18.3%)、W32/Zafi(12.4%)、Mal/Iframe(9.8%)、W32/MyDoom(5.6%)、W32/Sality(4.1%)、Troj/Agent(3.8%)、W32/Bagle(3.4%)、Mal/Clagger(3.4%)、W32/Strati(1.7%)だった。