日本事務器子会社のNJCネットコミュニケーションズ(NJCネットコムズ、田中啓一社長)は8月27日、文書管理機能のASPサービス「recipe.document(リサイプ・ドキュメント)」を発売したと発表した。

 「recipe.document」は、ブラウザを通じてデータの閲覧や保存が可能なサービス。データはNJCネットコムズが運営するデータセンターに格納する。OSK(宇佐美愼治社長)が開発・販売する文書管理システム「Visual Finder」をASP化。自社でシステムを構築せずに、「Visual Finder」の機能を月額料金制で利用できる。

 部署や階級に合わせて、データやフォルダごとにアクセス権限を設定することができるほか、「いつ・誰が・何の操作をしたか」などの操作履歴を把握することも可能。また、データを閲覧する必要がある人を設定し、閲覧の有無をひと目で把握する機能を備える

 一部機能を制限した体験版を同社のWebサイトからダウンロードし、最大2週間無料で試用することが可能。利用料金は税別で1ユーザーあたり月額750-1000円。