情報処理推進機構(IPA)は9月6日、「情報処理技術者試験 新試験制度の手引き-高度IT人材への道標(みちしるべ)-」を公表した。受験者数の減少傾向が続く情報処理技術者試験の抜本的改正に向けた検討の中間報告で、新しい試験制度案をまとめたもの。

 情報処理技術者試験は1969年にスタート。現在では合計14の試験を実施しているが、受験者数は02年度の80万3109人をピークに06年度では60万8210人まで減少している。こうした傾向に危機感を持った経済産業省は、06年10月に産業構造審議会情報サービス・ソフトウェア小委員会の中に人材育成ワーキンググループを設置。以来検討を加えてきたが、今年7月に「高度IT人材の育成を目指して」と題した報告書をまとめ、公表した。

 この中で、高度IT人材の具体像(キャリアとスキル)の可視化、共有化が必要として、(1)目指すべき高度IT人材像を基本戦略系、ソリューション系、クリエーション系に区分し、必要なスキルを明確化、(2)人材キャリアを7段階に区分し、ミドルレベル(3段階)までは、情報処理技術者試験の合否によりレベルを判定する――などの方針を打ち出していた。

 今回の新試験制度案はこれを踏まえたもので、(1)共通キャリア・スキルフレームワークのレベル1から3までは新試験の合否でレベルを判定、レベル4は新試験と業務経験で判定することにし、各人材スキル標準におけるレベル判定の尺度として用いる、(2)広く職業人一般に求められる基礎的な知識を問うエントリ試験「ITパスポート試験」を創設、(3)現行試験では分けているベンダー側試験とユーザ側試験を一体化――などを盛り込んだ。

 新試験は、レベル1がエントリ試験(ITパスポート試験)、レベル2が基本情報技術者試験(FE)、レベル3が応用技術者試験(AI)になる。レベル4の高度試験はITストラテジスト試験(現行のベンダー向けのシステムアナリスト試験とユーザ向けの上級システムアドミニストレータ試験を統合、略称ST)、システムアーキテクト試験(SA)、プロジェクトマネージャ試験(PM)、ネットワークプロフェッショナル試験(NP)、データベースプロフェッショナル試験(DP)、組み込みプロフェッショナル試験(EP)、情報セキュリティプロフェッショナル試験(現行の情報セキュリティと情報セキュリティアドミニストレータ試験を統合、SP)、ITサービスマネージャ試験(SM)、システム監査プロフェッショナル試験(AP)の9試験。

 新試験の実施時期は、「エントリ試験」を08年度秋期、その他は09年度春期からを予定している。