アドビ システムズ(ギャレット イルグ社長)とNECビッグローブ(BIGLOBE、飯塚久夫代表取締役執行役員社長)は10月24日、アドビのアプリケーション群とBIGLOBEの高信頼性サービスプラットフォームを連携して実現する企業向けASPサービス事業を、日本市場でも共同で展開すると発表した。第1弾は、企業におけるセキュアな電子文書管理を実現する「BIGLOBEドキュメント コントロール サービス」を発売した。

 アドビの「Adobe LiveCycle Rights Management ES」の技術をベースに構築したサービスをASP方式で提供。ファイル形式にPDFを利用することで、Adobe Readerがあれば特別な設定は不要で、容易に導入できる。

 電子文書(PDF)ごとにアクセスできるユーザーの指定や有効期間の設定、動的な透かしの挿入、閲覧・編集・印刷などの制御機能の設定をはじめ、さまざまなセキュリティ設定を管理者側で一元的にコントロール可能。利用者が電子文書を参照するたびに利用権限の確認を行うため、文書配布後でも権限を変更でき、権限確認の際に最新の文書への改版を通知できる。

 また電子文書をコピーすると権限確認機能もあわせてコピーされるため、不正コピーされても正当な権限がなければ利用できない。管理者側で電子文書を失効できるため、万が一、機密文書が漏えいしても迅速に対応できる。さらに文書へのアクセスログが管理者側で確認できるため不正アクセスの発見が容易。不正行為を抑止でき、文書に動的な透かしを印刷することで流出経路を特定できる。

 価格は初期費用が40万円。月額費用は、500IDまでが60万円、1000IDまでが80万円、5000IDまでが100万円。