バラクーダネットワークスジャパン(バラクーダ)は11月6日、ロードバランサー「Barracuda Load Balancer」の低価格モデル4機種を発売すると発表した。

 アクセス要求を分散する装置で、おもにサーバー1台では処理しきれないアクセスがあった場合、負荷を分散し安定運用させるために活用する。新モデル4機種は、価格的メリットを前面に押し出した低価格モデル群で、最小構成機種の税抜き価格は36万5000円とした。

 ラインアップは、レイヤ4を1機種、SSLアクセラレーション機能搭載レイヤ7を3機種を用意。税抜き価格は、レイヤ4の「Barracuda Load Balancer 240」が36万5000円。レイヤ7の「同 340」が48万円、「同 440」が96万5000円、「同 640」が217万円。全機種に初年度の有償保守サービスを付加した。