レッドハット(藤田祐治社長)は11月13日、企業の基幹システムに対応可能で、Linux OSの最新版「RedHat Enterprise Linux 5.1」を発売した。

 IA互換アーキテクチャの選択肢の一つであるAMDプロセッサのAMD-V機能を活用した、完全仮想化を実現。これにより、最新のCPUを搭載した高性能なシステムのリソースを仮想化環境で有効活用できる。

 仮想化環境での管理性も強化。仮想化環境の構成をGUIにより簡単に管理できるほか、サービス稼働中でも仮想マシンを別の物理サーバへ移動することによりハードウェアの保守作業を行えるなど、保守性と可用性を低コストで向上できる。また、ファイルシステムサイズの上限を従来の8TBから16TBに拡大し、年々増大するデータへにも対応する。

 価格は、最大2CPU/ソケットまでのサーバ向け「Red Hat Enterprise Linux 5.1」が10万1640円から、CPU数に制限のないサーバ向け「Red Hat Enterprise Linux 5.1 Advanced Platform」が20万4750円から、クライアント向け「Red Hat Enterprise Linux 5.1 Desktop」が28万8750円(1CPU25台分)から。