ソニー、ぐるなび、大日本印刷、三井物産、丹青社の5社は11月29日、フェリカ事業に関する合弁会社「フェリカポケットマーケティング」を08年1月に設立すると発表した。資本金は4億円、社長にはソニーの納村哲二氏が就任する。

 出資比率はソニーが60%、ぐるなびと大日本印刷が12.5%ずつ、三井物産が10%、丹青社が5%。主な事業はとしては、非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を用いたソリューション商品「フェリカポケット」の販売促進と、同ソリューションをツールとして流通から飲食、エンタテインメント領域までの幅広い事業者に対して既存事業を活性化、売上・収益の拡大につなげるための各種マーケティング支援を行う。

 また、新会社では顧客のネット・リアル両領域での動線・行動履歴をデータベース化、分析に基づく新しいタイプの広告・販売促進を軸としたマーケティング事業も将来的に展開していくとしている。