マイクロソフトは、次期サーバーOSの出荷候補版「『Windows Server 2008』日本語版Release Candidate 1(Windows Server 2008 RC1)」のダウンロード提供を開始した。

 「Windows Server 2008 RC1」は、Windows Server 2008の製品出荷前のベータプログラムとしては最終版となる。また提供開始にあわせて、トレンドマイクロが同社Webサイトを通して、「Windows Server 2008 RC1」に対応した「ウイルスバスター コーポレートエディション サーバ版」の試用版の配布を開始している。

 新たに「Internet Information Services 7.0」や「Server Core」「Windows PowerShell」「Network Access Protection」などの機能を搭載。また「Windows Server 2008 RC0」「Beta 3」などの過去のバージョンでユーザーやパートナー企業から得たフィードバックを反映し「Group Policy Preferences」機能も新たに追加した。さらに、ほぼすべてのユーザーインターフェースを日本語化し、より製品版に近くなっている。