アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、中国の日系企業を対象としたフィルタリングソフト「InterSafe China Option」を1月10日に発売する。

 従来の「InrterSafe」でアクセス制御可能なサイトに加え、日本にはない中国独特のサイト規制機能も付加した新版。日系企業の中国拠点での情報漏えいやウイルス感染、不適切サイトの閲覧などを未然に防ぐことができる。

 税別価格は25ユーザーの場合で4万9500円から。初年度3万ライセンスの販売を目指す。利用方法は、日本でライセンスを購入し中国国内にシステムを設置するか、日本にシステムを設置してネット経由で接続する方法の2種類を想定している。