日本エフ・セキュア(渡邊宏社長)は1月15日、ソフトをネットワークを通じてサービスとして提供する、SaaS(Software as a Service)型の企業向けセキュリティソリューション「F-Secure ビジネスセキュリティ」を3月1日から提供開始すると発表した。

 セキュリティソフトと管理ポータルを含むSaaS型のセキュリティソリューション。高精度なウイルス検知をはじめ、ファイアウォール、侵入防止、アプリケーション制御、スパム制御の機能を備え、Webベースのサービスポータルから簡単な操作でセキュリティを管理できる。全自動で動作するため、ユーザーはソフトウェアのアップデートやパターンファイルの更新、管理サーバーのメンテナンスを心配せずにITセキュリティを確保でき、最小限のリソースで24時間サービスを受けられる。

 このほか、ワークステーション版はホストベース侵入検知機能を装備し、F-Secure DeepGuardによって未知の攻撃(ゼロデイアタック)に対応する。1ユーザーあたりの税別価格は、1-24ユーザーが年額6600円、25-49ユーザーが6000円、50-99ユーザーが5400円、100-249ユーザーが4800円、250ユーザー以上では4200円。なお、価格はユーザー数によって数量割引が適用され、ユーザー数はワークステーション版とサーバー版の合計数となる。

 同社では、「F-Secure ビジネスセキュリティ」をセキュリティサービス市場開拓の戦略製品として位置づけ、積極的に拡販していく方針。また、4月1日以降、主力商品の小中高校パック、オフィスパックなどのパック商品へ「F-Secure ビジネスセキュリティ」を標準バンドルし、セキュリティサービス市場でのシェア獲得を目指す。