マイクロソフトは1月30日、次期サーバーOS「Windows Server 2008」に対応した、「Microsoft Certified Associate(MCA)プラットフォームWindows Server 2008対応試験」を2月4日に提供開始すると発表した。

 受験予約申し込みは1月30日に開始。同時に同試験対策講座として、通常2日間で行われる有償のトレーニングコース「MCAプラットフォーム Windows Server 2008 対応トレーニング」を、Windows Server 2008の機能解説部分を中心に抜粋した40分間のオンライントレーニング「試験に出る!Windows Server 2008」としてWebcast形式で無償提供する。

 「MCAプラットフォーム Windows Server 2008対応試験」では、Windows Server 2008で追加した仮想化ソリューション、ネットワークアクセス保護機能や、新機能を使用したネットワークの構成、サーバーの構築、運用に関する概要知識とスキルを認定するための幅広い改訂を行った。

 なお、MCA認定プログラムでは、OSやネットワーク、Windows Serverのエディション構成や設定法などの「MCAプラットフォーム」をはじめ、セキュリティ一般知識、Windows Vistaによる設定法の「MCAセキュリティ」、データベースの用語や技術、SQL Serverによる使用法「MCAデータベース」、プログラミング開発、Visual Studioや.NETの知識の「MCAアプリケーション」の4つの技術分野に関する認定試験を提供する。