メディアサービス会社ベンチャーのエディパ(李杰・代表取締役CEO)は、動画や写真のコンテンツにイラストやタイトルを挿入できる動画編集ツール共有サイト「ediPa(エディパ)」を開設した。動画編集はこれまで、高性能なパソコンや編集専用ソフトウェアを必要とした。これに対して「エディパ」は、Webブラウザ上で編集することができ、簡単な操作でオリジナルコンテンツの作成が可能となる。同社は、人気動画投稿サイト「YouTube」や「ニコニコ動画」などサイト運営会社にツールとして売り込むほか、企業向けに提供することも検討している。 

 「エディパ」は編集ツールを画面にドラッグ&ドロップしたり、時間調整用タイムラインをマウスで操作するだけで、動画編集できる。同ツールには、動きのあるスタンプやフレーム、字幕、手書き、BGMなどのほか、不要なシーンをカットするスキップ機能や映像と映像の繋ぎ目をスムーズに見せるトランザクション機能などを搭載している。

 サイトは、無料と有料があり、著作権処理が必要な素材を使う場合は有料にしている。同社は、大手動画投稿サイトに働きかけて従量課金制でサイトに提供したり、企業が自社Webサイトのマーケティングツールとして利用する動きが広がると判断し、特にテレビタレントを抱える企業などへ売り込む計画だ。