KLab(真田哲弥社長)は4月11日、「repcached 2.0」を開発し同社の技術者向けサイト「クラブラボ」にオープンソースとして公開したと発表した。

 「repcached」は、オープンソースで公開するキャッシングシステム「memcached」に、データのレプリケーション機能を追加実装したもの。前版「repcached 1.0」では、シングルマスタ・シングルスレーブ構成でしか運用できなかったが、新版ではマルチマスタ構成をサポートした。

 クライアントアプリケーションがデータを書き込む際、どのサーバーの「repcahced」がマスタなのかをクライアントが判別する必要があったが、新版ではその必要がなくなる。