アクセンチュア(程近智社長)とアバナード(石川敬社長)、マイクロソフト(樋口泰行代表執行役社長)は4月21日、次世代のワークプレイス環境として、「Next Generation Workplace(NGWP)」を提供することに合意したと発表した。

 「NGWP」は、「エンタープライズ・サーチ」「コラボレーション」「ナレッジ管理」「ユニファイド・コミュニケーション」などの各テクノロジーソリューションを導入することで、組織知を活用した業務の生産性最大化を目標とするソリューション。

 「エンタープライズ・サーチ」では、電子メールやOA文書、PDFなどのさまざまな種類の情報を対象とした検索機能を利用して、過去事例や専門家の知識を活用できる環境を提供する。「コラボレーション」では、ビジネスを構成するタスクを個人に割り当て、それぞれがPCから実行することで、ワークフローやチームとしての情報活用を円滑に進めることが可能。「ナレッジ管理」では、集約すべきデータの識別、コンプライアンスの定義、ビジネスプロセスの確立などを実施して、社内情報の正確性、鮮度を高めることが業務の品質向上につながる。

 なお、「NGWP」の展開にあたって、アクセンチュアはコンセプトを導入していくためのアセスメント・プラン策定・立案支援を、アバナードはシステム・インテグレーションと顧客の個別要件に応じたカスタマイズ・サービスを、マイクロソフトは基盤となるプラットフォーム製品を提供。エンドユーザーが時間・場所・デバイスを問わずに、アプリケーションとサービスへアクセスできる環境をITインフラとして提供し、業務の効率化・高度化を支援する。