HDE(小椋一宏社長)は、ホスティングサーバー管理ツールの新版「HDE Controller 5 ISP Edition」を6月30日に発売する。

 「HDE Controller ISP Editio」は、ホスティング事業者に適したLinuxサーバーの管理ソフト。1台のサーバーで複数のドメインを運用できる「バーチャルドメイン機能」で、最大300ドメインまで管理できる。新版では、「Red Hat Enterprise Linux 5(Intel x86/Intel EM64T)」と「CentOS 5(Intel x86/Intel EM64T)」をサポートした。

 また、メールとシステムセキュリティ機能の強化を行った。具体的にはsubmissionポートとSMTP over SSL(SMTPS)、FTP over SSLへの対応、サービスのバージョン番号非表示機能の4つ。価格は1年間のサポート付きで15万4560円から。サポート期間内の旧バージョンユーザーは、無償でバージョンアップ可能。サポート期間が終了しているユーザー向けには、優待価格版を用意する。