NTTコム チェオ(桜井伝治社長)は、NTTコミュニケーションズが展開するインターネット検定「.com Mate」のカリキュラムに対応したIT教材の最新版「.com Mate 学習教材(Vista版)」を7月25日に発売する。

 「.com Mate 学習教材」は、教科書「.com Mate 学習テキスト」と、PCで習得状況を把握しながら繰り返し学習できるeラーニングサービス「.com Mate e-ラーニング」で構成する。どちらも「.com Mate」の出題内容に即し、インターネットを安全に利用するための基礎知識や最低限のスキルを習得できるコンテンツを揃える。

 最新版では、使用するOSを「Windows Vista」に変更したとともに、携帯電話やインターネット家電などPC以外の機器や、「Web2.0」やSNSなどの新たなコミュニケーションツールの説明を付加。インターネットの最新技術やサービスを学べる内容に拡充した。

 「.com Mate e-ラーニング」は、利用の際にネットワーク環境が必要なASP型と、ネットワーク環境が必要ないCD-ROM型の2種類を用意した。価格は、「.com Mate 学習テキスト」が1冊1995円。「.com Mate e-ラーニング ASP型」が利用期間3か月で1IDにつき6300円、「.com Mate e-ラーニング CD-ROM型」が1枚8400円。