オリンパスビジュアルコミュニケーションズ(OVC、市川哲哉社長)と日本BS放送(BS11、目時剛社長)は9月5日、3D立体放送や3D立体コンテンツの普及で協力することで合意したと発表した。

 最初の取り組みとして、BS11が企画し、OVCが制作した新番組「リフレッシュ3D」を、BS11が10月4日から放映する。画面から飛び出す物体を眼で追い、眼をストレッチする、というアイケアを目的とした内容で、OVCは番組のスポンサーとなり、番組内では世界初の「3D立体CM」も制作・放送する。

 番組の放送を通じて、BS11は、新しい広告の形である「3D立体CM」を企業に訴求し、番組中のCM枠を販売。OVCは、BS11が販売する「3D立体CM」のCG制作を請け負う。両社は、その他の3D事業でも幅広く協力する予定。

 OVCは、独自の3D立体映像技術「OLYMPUS POWER3DTM」を用い、特定用途向け3D立体コンテンツを制作。また、世界初のPC向け3D立体再生ソフトやメガネを開発するなど、立体再生にかかわる技術・製品開発を行っている。一方、BS11は、新しいテレビ局を目指して07年12月に開局。以来、世界で初めて本格的な3D立体番組を放送するなど、多彩な3Dコンテンツを提供している。

 今回の協業は、業界で唯一、3D立体放送を手がけるBS11と、独自技術を用いて3Dコンテンツを制作するOVCが協力することで、新ジャンルの番組放送や「3D立体CM」という新しい広告表現を実現するとともに、3D事業の多方面で、相互に有意義な事業展開を図るのが目的。