NTTデータ(山下徹社長)と日本オラクル(遠藤隆雄社長)は11月26日、エイチ・ツー・オー リテイリング(H2Oリテイリング、若林純社長)の成長戦略を支える新たな情報提供基盤を刷新し、11月から阪急阪神百貨店向けに本格稼動を開始したと発表した。

 NTTデータでは、H2Oリテイリングが抱える業務・システム課題の整理および柔軟性や拡張性の高いシステムを設計・開発。検討にあたっては、数十種類におよぶ既存の帳票を棚卸しし、利用者の業務や分析の視点で新しいシステムの画面や業務フローを設計した。さらに将来予測される分析パターンに備えて、データベースの構造化を実施した。

 一方、日本オラクルは、情報活用に関するコンサルティング・サービス「Oracle Business Intelligence Express Service」を提供。H2Oリテイリングでは、新システムの中核パッケージとして、オープンで柔軟性が高く、企業規模で多数のユーザーが利用できるとともに複雑な分析を自由に行いたい一部利用者のニーズも満たす日本オラクルのビジネスインテリジェンス製品「Oracle Business Intelligence Suite Enterprise Edition Plus(Oracle BIEE Plus)」、「Oracle Database Enterprise Edition」、および「Oracle Enterprise Manager」を採用した。

 今後H2Oリテイリングでは、同システムにさらなる情報の集約化を図るとともに、計数情報に関する分析や、グループでのマーケットシェア拡大のための顧客分析など、機能拡充を図っていく予定。NTTデータでは、日本オラクルとともに、百貨店業界でさらなる成長を目指すH2Oリテイリングを今後もパートナーとしてサポートしていく。