NECネクサソリューションズ(NECネクサ、渕上岩雄社長)は、中堅・中小企業(SMB)向けの新サービスとして、ERP導入支援サービスを新たに企画し発売した。

 新サービスでは、各パッケージメーカーが持つERPの選定から導入、運用サポートまで総合的に支援するもの。企業がERPを導入する場合、従来はERPの選定はその企業自身が行っていたが、新サービスではNECネクサが中立的な立場でメーカー(ERP)の選定まで手がけるのが特徴になっている。

 企業が基幹システムを導入するにあたっては、自社の課題整理からスタートし、複数のSIerへの見積もり依頼と評価、製品選定というように、ERPを選ぶにも多大な手間がかかる。NECネクサは、この状況に着眼。とくにSMBユーザーにとってはERPの導入プロセスが大きな負担になるとみて、今回のサービス展開に至った。

 サービス開始時点で取り扱う主なERPは、「GRANDIT」「EXPLANNER/Ai」「SAP Business One」「Factory-ONE電脳工場」「蔵・販盛Navi」「奉行シリーズ」としている。今後、「導入・運用・安心」の観点からサービス提供体制やサービスメニューを整備し、サービスを展開する計画。

 NECネクサでは、新サービスを含めERP関連ビジネスで09年度約150億円の売り上げを目指す。