NECビッグローブ(飯塚久夫社長)は、SaaS型ドキュメントコントロールサービスを強化した。マイクロソフト「Office」シリーズに対応し、運用管理ソフト開発のビーエスピーのミドルウェアとも連携。セキュリティポリシーの適用範囲を拡大し、設定も自動化した。同サービスは文書閲覧を管理・制限するSaaS型のセキュリティサービスで、従来はPDFのみだったが、今回、Officeファイルにも対応。協力会社との共同作業など、社内外を問わない横断的な文書管理が容易になる。2010年度までに600社への納入を目指す。