インフォコム(吉野隆社長)は12月17日、ドキュメントマイニングツール「RiskDocAnalyzer(仮称)」を09年3月に発売すると発表した。

 ファイルサーバーやパソコンなどの中から、外部に流出すると損害につながる恐れのあるドキュメント類をリスクドキュメントとして独自に定義し、それらを検知する日本語解析機能を備えたリスクドキュメントマイニングツール。

 日本語解析機能には、徳島大学発のベンチャー企業である言語理解研究所(ILU)によるILU医療守秘情報抽出エンジンを採用。姓名、住所、生年月日、電話番号などを含む個人情報データ、および契約情報や固有の機密情報を含むドキュメントファイルを検知できる。

 また、検知されたリスクドキュメントをインフォコムのセキュア文書管理システム「MySAFER」に一括バッチ転送することが可能。これにより、システム内での検知から整理・統合と暗号化による情報の保護を一気通貫で実現することが可能。

 価格は未定で、ファイルサーバーやパソコン単位での年間利用料方式とする予定。同社では、初年度50サーバーの販売を見込んでいる。なお、販売に先立ち、09年1月20日に紹介セミナーを開催する。