NTTコム チェオ(桜井伝治社長)は1月14日、同社の小学生向け学力向上システム「ドットコムキッズ(学習編)」を活用した放課後教室を、石川県七尾市が1月16日から開始すると発表した。

 「ドットコムキッズ(学習編)」は、バーコードリーダを使い、付属の一覧表から子ども自身が勉強したいメニューのバーコードを選択するだけで、簡単に問題、解答、解説を出力できるシステム。学力向上だけでなく、苦手意識を克服する、自ら率先して問題に取り組むといった、子どもたちの自立心の芽生えをサポートし、自主的な学習を促進する。

 七尾市では昨年度、休日の空き時間を利用し、ドットコムキッズを用いて地域ボランティアの自主運営による学習教室を3か月間開催。アンケート結果などで好評を得たことから、今回、七尾市立山王小学校を開催場所として、1月16日から放課後学習教室を本格的に開始することにした。

 NTTコム チェオは今後も、子どもたちと保護者、ボランティア、シルバー層などの地域の大人との交流や学びの場を支援するツールとして、全国の自治体、教育委員会、学校などに積極的に展開していく考え。