NEC(矢野薫社長)とRSAセキュリティ(RSA、山野修社長)は2月19日、統合ログ管理領域における共同開発および販売面での提携に合意した。

 今回の提携では、RSA製の統合ログ管理ソフト「RSA enVision」を、NEC製PCサーバー「Express5800」に搭載し、アプライアンス製品「RSA enVision powered by Express5800」として、NECが3月2日から国内向けに販売する。また、両社は市場開拓を目的に共同でマーケティング活動を行い、シェア拡大を目指す。

 「RSA enVision」は、ログ収集のためにクライアント側にソフトウェアをインストールする必要の無いエージェントレスが大きな特徴。アプライアンス製品を設置するだけで、企業のITインフラを構成するさまざまなネットワーク機器、サーバー、ソフトウェアが出力するイベント情報(ログ)を高速かつ網羅的に収集し、高圧縮率で効率的に保管する。

 収集した多数のログを分析することで、わずかな兆候からでもリアルタイムにセキュリティ上の問題を検出し、通知することが可能。さらに、1100以上のレポートテンプレートを備え、一元的に管理されたログ情報からSOX、PCI-DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)などの新しいコンプライアンス要求にも対応したレポートを容易に作成できる。

 アプライアンス製品のハードウェアには、国内で豊富な販売実績をもつNECのPCサーバー「Express5800」を採用し、高信頼性・可用性設計による安定した運用環境を実現する。同時に、コンプライアンス対応向けのログの長期保存に必要なストレージ製品も幅広く提供可能となっている。また、万が一の障害の際には、NECグループが日本全国に展開するサポート網を通じて迅速なサポートを提供する。

 「RSA enVision powered by Express5800」の税別価格は、最小構成で680万円から。NECとRSAでは、統合ログ管理領域において、09年度から3年間で関連ビジネスも含め日本国内で約200億円の売り上げを見込んでいる。