リンク(岡田元治社長)は、起業者に向けてIPビジネスフォンおよびSaaS型コールセンター/CTIシステムを6か月間無償で提供する「BIZTEL インキュベーションプログラム」を4月27日から提供開始した。

 「BIZTEL」は、オープンソースIP-PBX「Asterisk」をベースとしたIPビジネスフォンサービス。ハードフォンやソフトフォンをインターネットに接続するだけで、会社の電話環境を自宅や外出先、海外でも使用できる。

 今回のプログラムでは、今後起業を予定している個人・団体、および起業後1年以内の法人・団体を対象に、「IPビジネスフォンBIZTEL」、「BIZTEL CTI」、「BIZTELコールセンター」の各サービスを6か月間無償で提供する。また、社会性・公共性の高い事業を運営するものと同社が判断した法人・団体は、通話料(上限5万2500円/月)についても無償提供の対象となる。

 このプログラムを活用することで、オフィスにいなくても自宅や外出先などで会社宛の電話に出ることが可能となり、少人数で事業を行う際のコミュニケーションや業務の効率を大幅に向上できる。なお、無償期間終了後は、同じ電話番号のまま、月額5250円で引き続き利用可能となっている。